PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日
2009ポルシェ・トロフィー第4戦
2009ポルシェ・トロフィー第6戦 2009年ポルシェトロフィー最終戦は12月6日に行われました。
これまで行われた5戦で、シリーズチャンピオンはAクラス小山選手、Bクラス竹瀬選手と決定はしていましたが、有終の美を飾るべく8台がエントリー。
2009ポルシェ・トロフィー第6戦 9:40から行われた予選で、まず飛び出したのは#22小山選手。#38平林選手、#8浜野選手が続きます。各車とも、冷え切った路面上でタイヤを温めるため2-3周回ロスしてしまいます。また直前に行われたSUPER FJの影響もあり、アンダーが強く出ているようです。そんな中でもバランスの取れた997を駆る#22小山選手は、5周目に1'36.991の好タイムをたたき出してポールポジション獲得。マシンが完全修復なった#55谷岡選手のマシンでしたが、パワーを生かせず2戦連続ポールはならず。決勝での2台の争いが楽しみです。#23滝澤選手は1周目にコースアウトして残念ながらリタイヤ。
決勝スタート14:30になっても気温は9度。スタートでは#57竹瀬選手#50胡桃選手の2台が出遅れ、#22#8#55#56#57#38#50の順に1コーナーをクリア。
2009ポルシェ・トロフィー第6戦 #55谷岡選手は1-2秒台差でポール#22小山選手を追走していましたが、8周目くらいからタイヤの影響からか少しずつ離れていき2位でチェッカー。レース後「歳やし体力が続かんわぁ」と笑いながら話していた#55谷岡選手ですが、マシンの調子も上がってきて2戦連続勝利勝を目指していたことでしょう。
単独3位走行をしていた#8浜野選手の997でしたが、マシントラブルが発生しペースダウン。そのすぐ背後まで迫ったBクラストップの#57竹瀬選手でしたが無理をせず、この2台はチェッカーを受けるまでコンマ3-4秒で併走。
今戦直前エントリーが間に合った#56市川選手は3周目にミッショントラブルでピットイン、そのままリタイヤとなってしまいました。
#50胡桃選手は4周目にベストラップ、6周目には#38平林選手をパスしBクラス2位。2009年第3戦で嬉しいクラス初優勝をした#38平林選手には、来年も993カップカーでハイパワーターボ勢に一矢報いてほしいですね。


レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.